2014年2月アーカイブ

引き続き上昇トレンド継続中です。
ここと光通信は良いチャートですね。

14年3月期の連結業績予想を上方修正、期末配当予想を従来予想の45円から55円に増額 

8180円情報配信、高値12,720円
11月に919円から1199円までやりましたね。
27日付でジャスダック市場から東証1部に指定変更が決定して暴騰ストップ高。

1部に指定変更となると、TOPIX連動ファンドによる需要が発生するので買い材料です。
業績からみた株価は、まだ割安圏ですから、また1,000円方向で相場になりそうです。


後場一段安で468円の安値あり!

7%以上の下げとなっていますね。
地合いが悪いので引き続き、売りで稼いでいきましょう。

613円を天井に下落、安値468円。
先物に断続的な売りが出ている一方、買い方は企業決算の動向を慎重に見守っているため、売り先行の相場。
個人投資家の間にも追証(追加保証金の差し入れ義務)発生で広範囲に投げが出ているもよう。

下値めどとして意識されている26週移動平均線(1万4794円45銭=1月31日)を下回ってきましたからここは静観し手出し無用の相場と捉えている方が多いようですね。

為替の側面からみると、円相場ドル/円は、ここ1週間102円から103円のボックス相場の中で推移していました。この保ち合いをどちらに放れるかが問題で、放れた方に付くことがセオリーと考えていたファンドなどは、円高に向かいましたので買いを手仕舞い、売りに回る展開に。

9日は東京都知事選、米債務上限期限が2月7日に再度到来。
今週一杯は、このような不安定な相場が続きそうです。
買いのチャンス到来は、来週からとなりそうです。




500円を一気に割り込んで大幅安!

480円の安値あり。

25,50日線を割り込んで下値模索が続きます。

613円を天井に下落、安値480円。

このアーカイブについて

このページには、2014年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。