266円の高値あり。

5日続伸です。

664円の高値あり。

上昇波動継続中です。
2,409円の高値あり。

人工知能とWeb検索活用の自動翻訳サービス・ソフトを提供


11月8日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで2,064円情報配信、高値2,453円
2,152円をつけて高値更新です。


第1四半期(7~9月)連結決算が、売上高12億9300万円、営業利益3億400万円、純利益1億8900万円となり、前年同期に四半期決算を作成していないため比較はないものの、通期予想に対する進捗率が営業利益で45%と高進捗率であることから、上方修正への期待が高まっている。


11月16日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで1,850円情報配信、高値2,152円
2,457円の高値あり。

連日の高値更新ですね。


19年3月期第2四半期累計(18年4-9月)の営業利益を前年同期比369.5%増の11.15億円と発表している。ミールキットサービスの好評で宅配事業(Oisix)の会員数が増加していることに加え、原価率の改善や購買単価の上昇が利益拡大をけん引した。通期予想は前期比101.9%増の18.00億円で据え置いた。進捗率は61.9%に達しており、上方修正への期待が広がっている。
漫画やライトノベルなどの電子書籍販売が好調に推移、19年3月期第2四半期(18年4-9月)の単体決算は大幅な増益に。

電子書籍関連  


10月17日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで1,962円情報配信、高値2,554円
2,600円の高値あり。

ネット上の風評被害・誹謗中傷対策サービス、炎上回避など投稿監視サービス、組織内部からの情報漏えいや不正行為の前兆をつかむ内部脅威検知サービスなど、「リスクを解決する社会インフラの創出」をミッションとしている企業と、時代のニーズ、流れに乗る事業がラインアップしており、今後の事業環境は明るい。 
 
 NTTグループが大株主に顔を出しているが、10月に三井住友信託銀行が第3位の大株主となり、バックも一段と強固なものになってきた。 
 
 19年2月期連結の営業利益は1億円(前期比39.5%増)、純利益は4000万円(同25.4%増)の見通し。 



1,685円情報配信、高値2,600円
240円の高値あり。

買い攻勢で上昇中です。



5日
仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで207円情報配信、高値240円
2,500円の高値あり。

半導体マスク検査用装置の急成長で収益は飛躍期入り
19年3月期通期の単体業績予想上方修正。
売上高を16億7100万円から27億200万円(前期比2.1倍)へ、経常利益を3億7700万円から6億7800万円(同5.6倍)へそれぞれ増額し、16期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。
621円の高値あり。


ビル用ゴンドラメーカー
東京五輪、大阪万博特需
JR東日本が山手線の新駅名を「高輪ゲートウェイ」に決定した事を受けて、近辺のビル開発など活発化

光通信銘柄

6日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで536円情報配信、高値621円
8,450円の高値あり。

まもなく新値更新。

主力3ブランド「FieldCore」「Find-Out」「AEGIS」の販売が好調に推移、11月度の既存店売上高は前年同月比24.1%増に。
2,438円の高値あり。

19年3月期第2四半期累計(18年4-9月)の営業利益を前年同期比369.5%増の11.15億円と発表している。ミールキットサービスの好評で宅配事業(Oisix)の会員数が増加していることに加え、原価率の改善や購買単価の上昇が利益拡大をけん引した。通期予想は前期比101.9%増の18.00億円で据え置いた。進捗率は61.9%に達しており、上方修正への期待が広がっている。
2,524円の高値あり。

半導体マスク検査用装置の急成長で収益は飛躍期入り
19年3月期通期の単体業績予想上方修正。
売上高を16億7100万円から27億200万円(前期比2.1倍)へ、経常利益を3億7700万円から6億7800万円(同5.6倍)へそれぞれ増額し、16期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。


2,439円の高値あり。

人工知能とWeb検索活用の自動翻訳サービス・ソフトを提供


11月8日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで2,064円情報配信、高値2,453円
前場高値引け。

アナウンス通り上昇中です。

有力ファンド筋銘柄


1,685円情報配信、高値2,475円
368円の高値あり。

しっかり手が入っていますね。


207円で寄り付いて233円の高値あり。

一回転のチャンスあり。

昨日から出来高が急増して上昇中です。


1,441円をつけて高値更新。


14日に前9月期決算を発表、連結営業利益は4億1000万円(前々期比2・0倍)だった。同社事業と強く関連するフリマアプリ、ハンドメイドマーケットなどCtoC(個人間取引)市場の継続的な拡大が後押しし、今期も営業利益6億円(前期比46.0%増)と高成長を見込んでいる。


22日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで1,249円情報配信、高値1,441円
大幅高続伸。

2,408円の高値あり。

19年3月期第2四半期累計(18年4-9月)の営業利益を前年同期比369.5%増の11.15億円と発表している。ミールキットサービスの好評で宅配事業(Oisix)の会員数が増加していることに加え、原価率の改善や購買単価の上昇が利益拡大をけん引した。通期予想は前期比101.9%増の18.00億円で据え置いた。進捗率は61.9%に達しており、上方修正への期待が広がっている。
1,481円の高値あり。
5日続伸。

人工知能(AI)が主に人事や総務、経理といったホワイトカラー業務を業務の自動化を担うRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の企業の導入が進んでいる。そのなか、同社はRPAテクノロジーズの「BizRobo!」を活用したサービスを展開するなど、急速に市場が拡大するRPA分野にも傾注した経営戦略を進め、このニーズに応えており、マーケットでも注目度が高まっている。19年3月期は営業利益段階で前期比39%増の5億7000万円を見込むが一段の増額含み。

9月26日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで943円情報配信、高値1,481円
カウンターランド