1,405円の高値あり。
上昇波動継続中です。

19年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益が前年同期比31.1%増の2.7億円に拡大。


5日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで1,101円情報配信、高値1,405円

723円の高値あり。

国内売上高はCAEソリューションサービス事業およびITソリューションサービス事業ともに好調に推移、19年12月期第1四半期(1-3月)の連結決算は大幅な増益で着地 。


13日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで667円情報配信、高値723円


新規会員募集中です。

ブログにはある程度上昇したものを掲載しています。
会員様にはブログ掲載前の有力情報を配信しています。
会員募集のカテゴリーからお問い合わせください。
どなたでも入会可能です。
kyoujyufujinkai@yahoo.co.jp


1,049円の高値あり。

19年6月期第3四半期累計(18年7月-19年3月)の連結経常利益は15.1億円(前年同期比37.5%増)。
通期の同利益を従来予想16.2億円から17億円に上方修正(前期は14.5億円)。
期末一括配当を従来計画15円から20円に増額修正(前期は14円)。
また、上限を20万株(発行済み株数の1.20%)、または2億円とする自社株買いを実施すると発表(取得期間5/21-6/14)。

4月26日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで880円情報配信、高値1,049円

1,718円の高値あり。

19年3月期の経常利益(非連結)は4.8億円(前の期比50.9%増)と、従来予想4.2億円を上回って着地。
20年3月期も前期比14.5%増の5.6億円に伸びる見込みで、8期連続で過去最高益を更新する見通しに。
今期の年間配当は前期比5円増の16円に増配する方針に)


4月25日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで1,482円情報配信、高値1,718円

1,573円で寄り付いて1,712円の高値あり。

20年3月期業績予想は、売上高が40億2100万円(前期比13.1%増)、営業利益が6億7100万円(同19.0%増)を見込む。
連続最高益更新へ。

1,000円台前半の時にAI関連特別銘柄として注目していましたね。
1,202円で寄り付いて1,365円の高値あり。

中国人の人材獲得強化のため、新幹線教育グループと業務提携。


87円高あり。

上昇トレンド継続中です。

20年2月期は営業利益X倍見通しに増配。

4月24日1,096円情報配信、高値1,359円

自社株買いを材料に2,577円の高値あり。
11万3000株(自己株式を除く発行済株式総数に対する割合2.0%)・2億円を上限に自己株式を取得 
決算内容は、19年3月期の経常利益(非連結)は5億9300万円(前の期連結比2.3倍)、20年3月期も前期比26.5%増の7億5000万円に伸びる見込みで、2期連続で過去最高益を更新する見通し。

仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで2,080円情報配信、高値2,577円


GDP、2期連続のプラス成長=年2.1%増・1~3月期-消費増税へ不安ぬぐえず

5/20(月) 9:02配信

時事通信

 内閣府が20日発表した2019年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.5%増、この成長が1年続いた場合の年率換算で2.1%増となった。プラス成長は2四半期連続。米中貿易摩擦の影響で輸出が減ったものの、輸入がそれ以上に大きく減少した結果、輸出から輸入を差し引いた外需が大幅プラスとなり、成長率を押し上げた。

 内需の柱である個人消費は弱く、景気の実態は数字ほど良くない可能性がある。茂木敏充経済財政担当相は「内需の増加傾向は崩れていない」と強調したが、10月の消費税増税の実施をめぐる不安は、引き続きくすぶりそうだ。実質GDPの事前予想は小幅のマイナス成長だった。

 実質GDPの増減に対する寄与度は、内需が0.1%プラス、輸出から輸入を差し引いた外需は0.4%プラスだった。物価変動を反映し、より生活実感に近いとされる名目GDPは前期比0.8%、年率3.3%それぞれ増加し、2期連続のプラスを維持した。

 実質GDPのうち、過半を占める個人消費は前期比0.1%減。暖冬の影響で衣類の販売が振るわず、自動車も伸び悩んだことが響いた。外需の先行きが見通しにくい中で企業が投資を手控える動きが強まり、設備投資も0.3%減だった。消費と設備投資のマイナスはいずれも2期ぶり。

 一方、18年度補正予算が執行されたことで、公共投資は1.5%の大幅増。住宅投資も1.1%増と3期連続でプラスとなったが、消費増税前の駆け込み需要については「14年4月の前回増税時に比べればわずかな影響しかない」(内閣府幹部)という。

 輸出は中国向けなどが落ち込み、2.4%減。内需の不振を背景に、原油や天然ガスなどを中心に輸入は4.6%落ち込み、リーマン・ショック後の09年1~3月期(16.0%減)以来となる10年ぶりの大幅減を記録した。 


1,329円の高値あり。

19年3月期の連結経常利益は13.2億円(前の期比26.4%増)。
20年3月期も前期比13.5%増の15億円に伸びる見込みで、3期連続で過去最高益を更新する見通し。


8日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで1,095円情報配信、高値1,329円

1,922円の高値あり。
連日の高値更新です。

19年6月期第3四半期累計(18年7月-19年3月)の連結経常利益は2億8300万円(前年同期比19倍)。
通期の同利益を従来予想2億4700万円から3億8700万円に上方修正(前期は9400万円)。
続伸して1,678円の高値あり。

上期経常が39%増益で着地・1-3月期も74%増益


17日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで1,595円情報配信、高値1,678円

1,724円の高値あり。


19年12月期第1四半期(1-3月)の連結税引き前損益は9.2億円の黒字。
また、ファイザーとの研究開発提携で初の臨床開発候補物質を創出。
これにより300万ドルのマイルストーンを受領すると発表。


15日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで1,643円情報配信、高値1,724円

2,780円の高値あり。

今12月期の第1四半期決算を発表し単体営業損益は5400万円の黒字(前年同期実績1300万円の赤字)に浮上した。通期予想は据え置きで、営業利益4億円(前期比58.4%増)を見込んでいる。 


15日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで2,506円情報配信、高値2,780円

6,130円の高値あり。

仕掛けの初動です。
継続した相場となるか注目です。


15日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで5,610円情報配信、高値6,130円

6,370円の高値あり。


上期経常を2.1倍上方修正、通期も増額


19年9月期上期(18年10月-19年3月)の経常利益(非連結)を従来予想の7900万円→1億6300万円に2.1倍上方修正。

人気作品の配信を背景にマンガアプリ「マンガBANG!」の利用者が増加し、広告収入や課金収入が伸びたことが寄与。

採用費用が下期以降へずれ込むことも上振れの要因となった。

併せて、通期の経常利益も従来予想の2億3400万円→2億8300万円に20.9%上方修正。

増益率が3.0倍→3.7倍に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。



1月24日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで2,100円情報配信、高値6,370円


4月のSpyEye値上がりランキング2位!



新規会員募集中です。

ブログにはある程度上昇したものを掲載しています。
会員様にはブログ掲載前の有力情報を配信しています。
会員募集のカテゴリーからお問い合わせください。
どなたでも入会可能です。
kyoujyufujinkai@yahoo.co.jp



トピックス

user-pic
0

トピックス


ストップ高!配信から2.6倍4424 Amazia 

配信から48%上昇3655 ブレインパッド 

配信から38%上昇4776 CYBOZU 

配信から34%上昇6064 アクトコール 

新値更新!配信から62%上昇4800 オリコン



さらに上昇してストップ高!


上期経常を2.1倍上方修正、通期も増額


19年9月期上期(18年10月-19年3月)の経常利益(非連結)を従来予想の7900万円→1億6300万円に2.1倍上方修正。

人気作品の配信を背景にマンガアプリ「マンガBANG!」の利用者が増加し、広告収入や課金収入が伸びたことが寄与。

採用費用が下期以降へずれ込むことも上振れの要因となった。

併せて、通期の経常利益も従来予想の2億3400万円→2億8300万円に20.9%上方修正。

増益率が3.0倍→3.7倍に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。



1月24日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで2,100円情報配信、高値5,480円


4月のSpyEye値上がりランキング2位!


5,470円の高値あり。

上期経常を2.1倍上方修正、通期も増額


19年9月期上期(18年10月-19年3月)の経常利益(非連結)を従来予想の7900万円→1億6300万円に2.1倍上方修正。

人気作品の配信を背景にマンガアプリ「マンガBANG!」の利用者が増加し、広告収入や課金収入が伸びたことが寄与。

採用費用が下期以降へずれ込むことも上振れの要因となった。

併せて、通期の経常利益も従来予想の2億3400万円→2億8300万円に20.9%上方修正。

増益率が3.0倍→3.7倍に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。



1月24日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで2,100円情報配信、高値5,470円


4月のSpyEye値上がりランキング2位!


6日続伸して9,100円の高値あり。

今期経常を38%上方修正・最高益予想を上乗せ


3月25日仕手筋ファンド筋情報SpyEyeで6,140円情報配信、高値9,100円
カウンターランド